11月22日に「やかまし祭」という福祉施設でのイベントで50分間と40分間の2回、演奏をさせて頂きました。

長い時間のコンサートだったので、聞いている方が退屈になったりしないか不安でしたがアンコールまで頂きました。

ありがとうございました。

カレンのブログで書きましたが、このコンサートの12日前にカレンが天国へいってしまい毎日のレッスンもあるなかで、どうしてもいい加減にはしたくないと思っていました。

コンサートもレッスンも、引き受けたことを「出来ない」にはしたくありません。

お昼に始まったコンサートは皆さんが聞いたことのある曲をたくさん集めました。

口ずさんでいる方や、ニコニコと聴いて下さっている方などたくさんの方の前で演奏できることは本当にありがたいことです。

午後のコンサートは施設の利用者様にも楽器を持っていただいて、ホールいっぱいの人たちとワイワイガヤガヤと演奏しました。

ピアノは後ろ向きになってしまうのですが、楽しかったな。

コンサートもレッスンも「皆さんのために」と思っていることが逆にこちらが「私のためにありがとう」と感じることが数多くあります。

音楽に助けられたり、歌やピアノに元気を貰ったり感動したり、昔を懐かしんだり、人との出会いがあったり最近は特に音楽の力を感じます。

今年もあと4,5回のレッスンになりました。

来年はまた発表会の準備が始まります。

まだまだ楽しみがいっぱいです。