発表会まで2か月あまりとなりました。

来週はもう3月ですね。

私も少しずつ花粉症の症状が出はじめ、歌っている最中に鼻がつまってみたりムズムズしてみたり、くしゃみも出るようになりましたcryingやだな・・・

発表会に向けて、今はプログラム作りをしています。

曲が決まって最後まで弾ける人は時間を計ったり、子供たちは本番の練習としてお辞儀をしてからピアノや歌を始めます。

いつも私はピアノの左側に、連弾しているかのように近くに座っていますが発表会本番用の練習の時は離れて聞きます。

不安そうに何度も顔を確かめたり、さっきまでスラスラ~と弾けていた子がカチカチになったり・・・終わるとみんな「きっと発表会の日も緊張するんだろうな(-_-;)

今こんなに緊張して大丈夫かな・・・」と不安が増してしまうみたいです。

みんなの緊張は私にも伝わってきます。

息苦しいのは鼻づまりのせいではありません(・・;)

発表会の日も私は舞台そでにいますが、出番を待っている子たちの緊張が伝染します。

いつもお喋りな子が戦国時代の武将のように背筋をピーーーンと伸ばして固まっていたり、何か私に聞いているのですが「あわわわわわわ」となっていたり。

反対に「出番まだ???」と出たくてウズウズしている子もいます。

子供たちにはこれから先、人前にたつことがあったときのために発表会で出来たんだという自信をつけてほしいと思います。

大人の方はなかなか緊張する機会ってないと思うので、ぜひチャレンジしてほしいと思っています。

いつも必ず上手くいくわけではなく、人前で大失敗してしまうかもしれないけれど、そんなのは全然大丈夫です。

主人の関係で柔道を観戦することが多いのですが、よく「攻めにいって投げられるのは良いんだ」と言っています。

指導差でも1本負けでも負けは負けになってしまうから。

発表会は勝ち負けではないし、間違えないで弾いたり歌えたら1番良いんだけど、「あ、間違えた」と思ってもそこから立て直せれば万事オッケーです。

さて今日も頑張ります!!