4月30日の発表会に向けて、最後の準備となるリハーサルが24日行われました。

1日ホールを借りて実際の本番同様の練習です。

緊張気味の生徒さんも多かったですが、ほとんどは「もっと弾きたい、歌いたい」と思う子が多かったみたいでホッと一安心です。緊張って大人も子供も変わらなくて不安もあるし暗いイメージですが前向きに、大人になると人前で話さなくてはいけないこともあるし子供のうちは学芸会とか舞台に立つこともあるし、良い予行練習だと思って頑張ってほしいです。

話はずれますが、昨年の修徳柔道部の総会と3月の送る会で急に話す機会がありました。

総会は主人のみ乾杯の挨拶、送る会は来賓紹介で一言というものでした。

乾杯の挨拶は総会が始まる5分くらい前に急遽頼まれてしまい、2人で大慌てで言葉を考えて(;^_^A

舞台に上がった主人は緊張でいつもより青白く細くみえました・・・

終わった途端もとに戻りましたが監督さんから「大丈夫か?」と言われるほどでした。

総会では順番待ちがあったので多少頭の中で考えられましたが、私はしどろもどろのダメダメでした(*_*)ガッカリ

ということで緊張しながら何かをやるのは本当に大変です。

手も声も震えるし、間違えたらどうしよう・・・

間違えるって怖い。

私も同じです。

みんなたくさん練習してきたし、どうかその怖さから逃げないでほしいと思います。

きっと大丈夫(^_-)-☆

発表会には友人や以前習っていた子がお手伝いに来てくれます。

リハーサルの時にも仕事が終わってから駆けつけてくれて、秘密の練習をしました(〃▽〃)ポッ

発表会では裏で頑張ってくれていますが、リハーサルでは全員が終わって帰った時間帯で練習をしました。

たくさんの協力のもと発表会ができています。

あと2日、元気に当日が迎えられますように。