教室のピアノです。

毎日響かせてくれる働き者です。

教室のピアノはタッチを軽くしていません。

慣れないと重いと感じるかもしれませんが、発表会や学校のピアノを弾くときにこのピアノよりも鍵盤が重かった場合大変です。

腕が痛くなったり、疲れて最後まで弾けないこともあるかもしれません。

なので、このタッチにしています。

さてさて発表会の曲がすべて揃いました。

今回はゴールデンウィークで参加者が例年より少なめ・・・ですが張り切って練習して、本番を迎えたいと思います!!

曲を決めるのは、なかなか難しいことです。

決まってしまえば、あとは音符を読んで練習していくのですが、決まるまでに長い時間をかけることも珍しくありません。

何に対して悩むかというと、1番多いのは弾きたい・歌いたい曲がたくさんあって選べないというものです。

この悩みは私にも当てはまるもので、コンサートなどで毎回毎回悩むところです。

もう一つは、レベルの問題です。

発表会では今のレベルよりも少し上・かなり上の曲を弾く・歌うことが多いです。

決して、必ず上級の曲を弾かなくてはいけないわけではありません。

せっかくだから頑張っちゃおうかな(^^)という感じで、憧れていた曲を練習したりします。

決めたけれど、いざ楽譜をながめるとなんだか黒々してクラクラ・・・大丈夫かなぁと思いつつ練習をしていきます。

不安を抱きながら練習を始めて、やっぱり無理だったということは今までにはありませんでした。

みんな一生懸命練習して演奏できるようになっていきます。

こんなふうに曲を決めて、ただいま練習真っ最中です。

発表会まであと1か月、みんなに負けないように私も頑張ります(*^_^*)