先日カレンを連れて動物病院に行ってきました。
いつもの薬をもらうのと、爪切り、耳掃除です。
年末に入院・手術をしたので病院嫌いになるかと思っていたら全然・・・先生やトリマーさんが大好きで「あそぼー♪」という感じ。

診察が終わってお会計を待っているとビールの段ボールを持った男の人が来ました。
一見お中元を届けに来た人なのかな?という雰囲気。
先生が応対すると箱の中からは「ニャーニャー」という声がしてきました。
ビールの箱の上は通気できるようにはなっているけど、ガムテープが丁寧とはいえない貼り方・・・。

「すみません。近くの工場の者なんですけど、野良猫が工場に入ってきたんで・・・」

もしかして「迷惑だからなんとかして」とか「この病院で飼って」とか言いに来たのかな(>_<)
前にこの動物病院で、シャンプーして預かってくださいって言ったまま迎えに来ないで置き去りにされたワンコのことを聞いたことがあるし、もし捨て猫になってしまうなら家に連れて帰ろうかな・・・なんてグルグル考えていたら

「工場に入ってきたんで、うちで飼おうかと思うので健康診断してください」

おおおぉ(^o^)
どんな子か見ることはできませんでしたが、きっと可愛くて愛想がいい子だったのかな。
そんなふうに家族として迎えてもらえる子は幸せだなと思いました。
奥の診察室から「子猫ですね」という先生の声が聞こえました。
カレンと私はお会計を済ましてニコニコ帰りました。