昨日東京武道館で春の選手権の団体の東京予選がありました。

先々週から続いた個人の予選では準優勝の子が2人と好成績ながら全国へ行けるのは優勝者のみ。

昨日の団体戦が選手権が行われる日本武道館へ行ける最後のチャンスでした。

図々しく応援席で保護者の方や卒業生・部員のたくさんいる中で声援を送りました。

心臓がドキドキして頭も痛い(>_<)

ハラハラしながら1つ2つと勝ち進んでいきました。

決してエリートではありません。大きな体格の子はいません。

この1年間稽古やご飯を食べに行って彼らと接してみて、本当に普通の高校生です。

友達同士でケンカして「あいつパンチがチョー強い」とか言いながらご飯をモリモリ食べてるような、「日本人は餡子だろ!」(意味不明・・・)「少し横になってから勉強しようと思ったらずっと寝てた」「〇個赤点とった(+o+)」なんて言いながら私たちは大笑いしていました。

そんな彼らが必死に戦ってくらいついて、最後全国の切符を手にしました。

何度も手から滑り落ちてしまいそうなその切符をグッと掴んだ瞬間、周りにいた人たちとみんなで泣きました。

本当に良かった。おめでとう!!

試合が終わって閉会式を見届けて、最後先生と選手たちの挨拶がありました。

帰り際ご飯を食べに行く「大塚会」のメンバーと言葉を交わし労をねぎらって、会場を後にしました。

そのまま家には帰らず、修徳のOBである飯田橋の「肉ぼうず」さんに行き報告♫乾杯してきました。

かんぱーーーいsmiley

あれビールが減ってる・・・主人がフライングしました(・_・;)

まあ、いっか(^^)