去年、2012年3月にカレンは「アジソン病」と診断されました。
その日、いつものトリミングショップに預けて帰ってきたらなかなかチッコをしませんでした。
ご飯も食べず、夜遅くになっても元気がない。
預けていたから疲れたのかな・・・でもいつもと様子が違う。

動物病院から教わった救急連絡先に相談するとカレンは「動きたくない」事情があるのかもしれないから、明日病院に行くように言われました。
コーギーはヘルニアなど、足腰に不安があるから「もしかしてヘルニアなのかな」不安がいっぱいでした。
病院で採血・レントゲン・エコー検査などの結果「アジソン病」という副腎の難病と診断されました。

ちょうどその頃いつも一緒に生活していた叔父が脳幹梗塞で入院、母が入院、私のピアノ教室の発表会と毎日あちこち動いていて、こんなに忙しいなんて初めてでした。そしてカレンの病気。
毎日、一生薬を飲まないといけません。たくさんのお散歩にはもう行けないかもしれません。

一生薬を飲んで元気なら、私はそれを選びます。
たくさんのお散歩ができなくても、ちょっとのお散歩でもいいんだ。
今は病気なんて忘れてしまうほど元気で、ちょこちょこ行かないといけない病院の先生達が大好きです(^_^;)
最近は耳がカイカイで、どの抗生剤も効かないと言われたけど、寒くなって乾燥してきたら治ったみたいです。

その後カレンは元気になったし、叔父も母も退院して普通の生活に戻り、発表会は無事に終わりました。前途は明るいです♪
心配事も多いけど、カレンと楽しく生活しています。頑張れカレン!!