コロナウィルスによる影響で、全国高校柔道選手権が中止になりました。前回のブログに書きましたが夏の高校野球、甲子園のような試合に出られることになっていた修徳柔道部の夢は消えてしまいました。負けて出られないことよりも、出られるのに大会がなくなってしまうことの方がどれ程辛いかと思います。修徳柔道部に限らず、他の地区の選ばれた学校や選手も本当に悔しい思いをしていると思います。

中止の報告を受けたメンバーは泣き崩れていたそうです。私達も胸が張り裂ける思いでした。中止が決まってから初めて柔道部の子たちと会いましたが、彼らは「次の関東大会やインターハイに向けて頑張る」と言っていました。私もしょぼくれている場合ではないのですが、私も大人達はまだ中止にしょぼくれています。

稽古にも影響があり、今まで通りの稽古は出来ていないみたいです。遠征も三年生を送る会も中止。そんな中でトレーニングや稽古場所を探して何とか頑張っているみたいです。しばらく学校に行くことは出来ませんが、落ち着いたら美味しいものを差し入れたいと思います!頑張れ修徳柔道部!

 

ピアノもコンサートが中止になったり、各所影響が出ています。レッスンは変わらず行っており、生徒さんからは「いろんな所がお休みで、ピアノまで休みになったら退屈だ」と言われました。ありがたいです。マスクをくださったかたもいて、どこに行っても無いのに分けてくださる気持ちに深く感謝致しました。発表会も心配して頂き、私としては施設側から要請がない限り、中止にする考えはありません。不安なかたもいるかもしれませんが、出来る限り万全に整えて発表会を開催したいと思います。そして今まで頑張ってきた時間を消してしまいたくありません。

 

早くこの混乱がおさまって、普通の日常に戻って欲しいと思います。