本日は、このブログを建築や当社のことではなく、号外にさせていただき、母校修徳柔道部の高校三年生、濵田哲太選手が大学生や実業団の選手がメイン選抜の中、高校三年にて見事東京都選手権に抜擢されました。

この大会は後の全日本選手権にも繋がる試合で、この大会に高校生がエントリーされることは大快挙のことです。

この大会は無差別で、つまり社会人、大学生なども含めて、「一番強い選手を決める!」という大会です。

濱田哲太選手は、自分が所属している荒川柔道教室にも指導のお手伝いを率先して手伝ってくれたり、学校の稽古でもとにかく一生懸命頑張る素晴らしい選手です。

柔道に対しての考え、稽古の大切さをすごく考えている生徒さんで、監督や親御さん、チームメートやサポートしてくれる人がいて今の自分がいるという気持ちをいつでも大切にしているそうです。

後輩に対してもいつでも積極的に指導して、決して後輩に圧力では接しない。

高校生とは思えないほど人間力も素晴らしい生徒さんです。

濱田哲太選手の初戦の相手はいきなり実業団の選手です。チャレンジャーとして悔いのない勝負をしてほしいです。

濱田哲太選手は国体に東京都代表でしかも主将として選ばれていましたが、コロナで全国大会が中止になってしまいました。それでも腐ることなく真摯に柔道に向き合ってきたとても努力家の青年です。

是非とも応援してください。頑張れ濱田哲太選手!