先週の土曜日、都内の中学校で人生初の講演会を行ってまいりました。

対象は中学2年生で、「生き方講演会」というコンセプトのもと

「工務店とはどういう仕事か?」「社長業とはどういうこと?」「仕事とは?」について講演してきました。

何分不慣れなもので各先生方のお力添えを頂きながら何とか自分の伝えたい内容はお伝えできたかな?とは思います。

生徒さんは真剣に話を聞いてくれたので自分もその熱に呼応して熱く講演しちゃいました。

今回このような機会を与えてくださった先生方にこの場をお借りして心より御礼申し上げます。

また、自分のような若輩者がこのような機会をいただけた経緯は、皮肉なことに中学生の職業訓練がコロナの影響でなくなってしまい、先生方の創意工夫のもと、このような形になったとお聞きしました。

自分の母校の修徳柔道部も中学生の試合は全て中止、先生方の工夫にて無観客の練習会、高校生も全国大会は中止、先生方の創意工夫による無観客の学年別大会のみとなりました。

もちろん柔道に限らず、スポーツや文化系部活動などほとんどの小学生、中学生、高校生、大学生などのイベントは中止を余儀なくされている実情です。

学生さんに限らず、我々社会人の生活も一変してしまいました。

しかし、大人も子供も全ての人々はこのコロナ時代の現実と戦っています。

自分が今回、講演という機会をいただけて、自分自身が感じたことは、自分ができることによって今苦しんでいる、学生さんの未来が少しでもひらければ、「今、自分がやるべきこと」の意味が見えてくる気がしました。

先行きがみえない大変な時代ではありますが、何とかなるべく後ろより前をみて頑張っていきましょう。