今日は号外にさせていただき、我が母校修徳高校柔道部が全国大会の切符を手にしたことを報告させていただきます。

昨日、東京武道館にて柔道の東京都大会の団体戦が行われ、我が母校修徳高校柔道部が見事3位入賞し全国大会の切符を手にしました。

準々決勝では大将戦までもつれ、修徳のキャプテンが一回り以上大きな相手を背負い投げにて一本勝ちして準決勝へ

そして準決勝、準決勝の相手は名門国士館高校、一時は国士館高校の選手を2名勝ち抜きリードするというという善戦をみせたものの惜敗。

でも柔道は決して負けていませんでした。

そして第三代表決定戦へ。

相手の大将は個人戦無差別級の東京都チャンピオンです。

しかし、全選手、サポートの選手、応援の生徒、父兄の方々のみんなの力で、くい止め、一人残しで全国大会の切符を手にしたのでした。

試合後、選手、サポートの選手、応援の生徒、父兄の方たちと握手、ハグして喜びを分かち合い、感動に浸りました。

写真は妻のブログでみていただくとして、久々にこんなうまいビール&ウーロンハイでした。

この選手権で日本武道館で試合ができることは高校生の柔道選手すべての憧れです。

柔道をしらない人に説明するならば、選手権の全国大会は野球でいう甲子園大会です。

もし、柔道に興味をしめしている方、高校生の柔道をご覧になられる方は日本武道館に足をお運びください。